肌、喜ぶ。3つのこだわり

  • アテロコラーゲンの特徴
  • こだわりの製造方法
  • お肌に安心

アテロコラーゲンが主成分のやさしいスキンケアブランド

「安全で刺激の少ないものを使いたい」「素肌を美しく保ちたい」という女性の願いから、アテロ化粧品は、1987年に誕生いたしました。医療用に開発されたアテロコラーゲンを主要成分とし、こだわりの製造方法で全商品に配合しています。アテロコラーゲンは、肌の奥までしっかり潤いが届き、高い浸透性を持ち、健康な肌の基礎作りをお手伝いする働きがあり、化粧品にはとても適しているのです。また、流行に惑わされることのない製品づくり、一人一人の悩みに合わせたアフターケアを充実させることをコンセプトにしています。当社では、肌にとって本当によい製品のみを自信を持ってお届けしています。

アテロコラーゲンの特徴

アテロコラーゲンの特徴  その1 抜群の浸透性と保湿力

私たちの皮膚の70%はコラーゲンでできています。コラーゲンは、肌の水分を保持したり、皮膚の伸縮、新陳代謝にも大きく関係しており、様々な皮膚組織をつなぎとめる役割を果たしています。また、保湿性が高く、シミやシワ、乾燥など、多くの肌トラブルに効果的に働きかけます。
コラーゲンには動物性、植物性、海洋性の3種類があり、アテロコラーゲンは、その中で最も肌なじみがよいと言われる動物性コラーゲンの1種です。肌の奥まで成分が届く高い浸透性が特長です。
(アテロ化粧品のアテロコラーゲンは、鶏や牛に比べて安全性の高い、豚から抽出しています。)
アテロコラーゲンは、健康的な肌の基礎づくりに重要な役割を果たします。

アテロコラーゲンの特徴  その2 医療用だから安全

もともとアテロコラーゲンは、人工臓器用に開発されたコラーゲンとして、特許が取得されています。
医療先進国のアメリカでもその内容は高く評価され、現在ではさまざまな分野で使用されています。さらにアメリカ食品薬品局(FDA)の安全性の高さの検査では、最高レベルのExcellentと評価されています。

アテロコラーゲンの特徴  その3 低刺激で敏感肌にも安心

アテロコラーゲンは、他のコラーゲンに比べてアレルギー反応や拒否反応が起きにくいので、肌にやさしく、敏感肌の方も安心して使えます。

こだわりの製造方法

低温管理で、コラーゲンを活きたまま配合

コラーゲンは熱に非常に弱く、加工の際に40℃以上になると分解されます。一般的に、コラーゲンは50℃くらいで配合されています。そのため、コラーゲンの分子が壊れ、コラーゲンが持つ保湿能力も十分に発揮させることができません。たとえ良質のコラーゲンを使っても、配合する温度や加えるタイミング次第で、効果が低下してしまうのです。
そこで、アテロ化粧品は、厳しい温度管理のもと加工温度を40℃以下に保ち、アテロコラーゲンを活きた状態で配合することにより、コラーゲン本来の持つ能力を十分に発揮させることを実現しています。
これがアテロ化粧品のコラーゲンが ”活きたコラーゲン”と呼ばれる理由です。
もちろん、その他の成分に関しても、配合時の温度、タイミング、量など、それぞれの成分が効果的に働くよう、高度な技術と細心の注意を払い製造しています。

大量生産せず、なるべく新鮮なものをお届け

アテロ化粧品は安定した製品づくりを実現するため、大量生産をしておりません。また、アテロ化粧品の商品は、熱に敏感なアテロコラーゲンを配合しているため、取り扱いには細心の注意が必要なのです。そのため、限られた場所のみの販売になります。

3.お肌に安心

毎日使うものだから安全なものを

最近では、肌への欲求を満たすために、即効性のある商品に人気が集まる傾向があります。即効性のある商品は、肌自身が持つ機能である自然治癒能力を低下させ、逆に肌に負担になってしまうことがあります。そのため、肌の老化を早めてしまう原因になるのです。
アテロ化粧品は、刺激の少ないアイテムで、毎日少しずつ本来の肌の力を取り戻すことが、美しい肌への第一歩だと考えています。
そのため、肌に負担を与える防腐剤や界面活性剤の配合を必要最低限に抑え、無香料、無着色、無鉱物オイル、無タール系色素、ノンエチルアルコールで低刺激な商品となっています。
また、品質を保つために防腐剤は必要なものだと考えた上で、肌にとって安全で最も負担の少ない弱酸性の防腐剤、メチルパラベンを極力抑えて配合しています。
肌の敏感な方やアトピーでお悩みの方、肌の弱い赤ちゃんにも安心してご使用できるようになっています。